ハルモニア鍼灸整骨院の骨盤矯正本文へスキップ

癌 細胞 広島 広島市中区

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.082-555-9399

〒730-0012 広島県広島市中区上八丁堀7-8-301

癌(ガン)細胞cancer-cell

 癌細胞について

癌細胞とは何かと疑問があるかもしれません。癌細胞の正体は何かをみていくと、癌細胞は誰にでもできる可能性がある細胞です。私たち人間の身体は、約60兆の細胞からできています。受精卵から始まり、細胞が数回分裂を繰り返して、筋肉や神経、内臓など身体のいろいろな組織・機能を担う部品が構成されます。

その細胞にはそれぞれ役割があります。それが何らかの原因によって欠けたり、細胞寿命がなくなったりすると必要な量だけ再生・補給される新陳代謝の仕組みが身体には備わっており絶妙なバランスをとって私たちの身体維持をしています。それが正常な細胞の活動です。 例えば、怪我して傷が修復するように正常に働いています。

その正常な細胞とともに、癌細胞は毎日、私たちの身体にできています。癌細胞は外部からできるものではなく、私たちの身体の内側から正常な細胞が特異して発生します。この癌細胞は、健康な身体の人でも学説によっても見解はありますが1日に3000〜5000個もできることがわかっています。

しかし、癌細胞ができるとそれを排除しているのが免疫細胞です。免疫細胞は、ある細胞を見つけると、まず正常な細胞かどうかを見極めます。

そして、正常な細胞でないと異物と判断すると防衛反応が働き、それを排除します。癌細胞は正常な細胞が特異して発生しますので、免疫細胞にとっては異物と認識しにくいのです。それでも優れた防衛反応で働く免疫細胞は、できたばかりの癌細胞を排除させます。

しかし、免疫細胞による監視機能も、何らかの原因で弱くなり次第に癌細胞が排除できなくなってきます。その排除できなくなって生き残った癌細胞が約10年ほどかけて1センチくらいまで育ち塊となって現れてくるのです。

正常な細胞は私たちの身体を維持するため必要量まで増えて変化しますが、癌細胞は身体全体の状況は無視して無秩序に増え続け、正常な組織まで侵入し全身に広がっていくのです。

この癌細胞ができ・育つ原因は、その人の加齢、喫煙、過剰飲酒、偏った食事生活、過度のストレス、過労、不眠、化学薬品、環境汚染、発がん物質など身体に害のある生活習慣が続いた結果になります。

この生活習慣を続けると正常な細胞が損傷→修復→損傷→修復を繰り返しますが、その修復機構が乱れ、免疫細胞の混乱により、最終的に癌細胞へと変化します。そのため、癌細胞をつくり育てる原因から新しい環境を整えることが大切になります。



スタッフ写真

shop info.店舗情報

ハルモニア鍼灸整骨院

〒730-0012
広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F

TEL.082-555-9399

→アクセス