ハルモニア鍼灸整骨院の骨盤矯正本文へスキップ

逆子治療 広島 広島市 お灸 鍼

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.082-555-9399

〒730-0012 広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F

逆子鍼灸治療Breech presentation

逆子鍼灸治療

『逆子を諦めてませんか?鍼灸治療で逆子改善を叶えませんか?』

広島の逆子鍼灸治療院

逆子治療で鍼灸治療が効果的なのはご存知でしょうか?大昔から逆子治療で鍼灸治療は行われていた有効的な方法です。しかし逆子治療に鍼灸治療が効果的だと知られるようになったのは最近になってかもしれません。多くの方は逆子治療に対して鍼灸治療が効果があることは知りません。

そのために・・
『逆子になってるけど、まだ様子をみましょう』
『逆子はまだ回るから大丈夫ですよ』
『自然に逆子は戻りますよ』など、逆子と判明してそのままにしていないでしょうか?

その結果、
『逆子が戻ってないね』
『もう無理だから帝王切開しましょう』と逆子が改善せずショックを受けた方が少なくはありません。

逆子の方はできればお腹を切る帝王切開はしたくはないかもしれません。お腹を切るのはとても怖いことです。できるなら帝王切開は避けていきたいことでしょう。

このようなことから帝王切開になる前に逆子と判明した時点で、逆子鍼灸治療を開始だと考えております。

逆子は頭が上、足が下になっていますが、正常な赤ちゃんの位置は頭が下、足が上です。これは出産の際に赤ちゃんが安全に外に出るためです。それなのにどうして逆子になってしまうのでしょうか?それは鍼灸治療における逆子の原因はお母さんの身体バランスが乱れていることだと考えられています。

身体バランスが乱れているとは一体どういうことなの?と疑問に思ったかもしれません。これはお母さんの身体の上下バランスが乱れていることになります。

この身体バランスの乱れを確かめるためにまず逆子の方はおへその下辺り、つまり下腹部を触ってみてください。温かいですか?それとも冷たいですか?この時に下腹部が冷たいと感じる方は逆子になる可能性が非常に高いといえます。

お母さんの身体バランスは正常だと上半身は冷たく、下半身が温かくなっているのが正常です。しかし、逆子の方は下半身が冷たくなり下腹部が冷えていることがほとんどなのです。

この下腹部の冷えが逆子の原因になります。

広島の逆子鍼灸治療について人が最も大切にする必要があるのが「頭」になります。この頭に異常が起こると生命の危機になります。そのため逆子はこの下腹部の冷えから頭を守るための防御反応として赤ちゃんは頭を上に向けて自分の体を守っているのです。

このように逆子になる原因はお母さんの身体バランスの乱れから起こるのでこのバランスを整えることによって逆子が改善すると考えております。

この逆子が改善する方法は鍼灸治療によってお母さんの体質を改善し『下腹部を温める』ことです。これが鍼灸治療よって逆子が改善する可能性があるということになります。

当院の逆子鍼灸治療は直接的にお腹にすることはありません。間接的に鍼灸治療を行い下腹部を温めることができます。この下腹部が温まることで逆子が改善される事が多くあります。

逆子の場合、鍼灸治療を早期に開始することをお勧めするには理由があります。それは逆子であっても赤ちゃんの成長が変わらないからです。これは非常に注意しておかなければならない事です。

これまではゆっくりとした成長でも30週を過ぎると赤ちゃんはドンドン急速に成長して大きくなります。赤ちゃんが大きくなって困るのは子宮内のスペースがなくなるからです。

この結果、赤ちゃんは子宮の中で回転することが困難になり逆子の改善が少しずつ難しくなります。つまり赤ちゃんに余裕な時間はありません。このような理由から逆子と分かった時点ですぐに鍼灸治療を開始することがベストだといえます。

逆子鍼灸治療は開始時期が早ければ逆子の改善率は高くなります。「逆子体操をやってからにしよう」「次回の検診で確認してからでもいいか」と逆子鍼灸治療の開始が遅れるほど逆子の改善率は低くなります。

逆子だからと言われて諦めるのは早いです。逆子治療に効果的な鍼灸治療で一緒に逆子を改善していきませんか?


逆子鍼灸治療は広島市中区の鍼灸の専門家にお任せください。

広島で逆子鍼灸治療といえば迷わずハルモニア鍼灸整骨院へお越しください。

広島の逆子鍼灸治療の悩み逆子にこのような悩みがある・・・
 『逆子と言われショックを受けている』
 『ボコボコ膀胱の辺りを蹴られている』
 『帝王切開しかもう方法がないのかな・・・』
 『頑張って逆子体操してるけど中々改善しない』
 『逆子を改善するために色々してるけど効果がない』

など逆子の方は不安や悩みがあります。
このような時はすぐに広島の逆子鍼灸治療を当院で受けてみませんか?

広島の逆子鍼灸治療の効果逆子鍼灸治療を受けた後
 『嬉しい♪ 逆子が治った♪♪♪』
 『お腹のボコボコ蹴る位置が変わってる』
 『帝王切開しなくてよかった!』
 『想像より鍼灸治療に痛みはなかった』
 『逆子の原因がわかって安心できた』

など、たくさんのお喜びのお声と笑顔ををいただいております。

これまでに数多くの逆子鍼灸治療の経験から逆子の原因を把握し、今の逆子の状態に合わせた最も効果的な逆子鍼灸治療を受けて頂けます。

当院の逆子鍼灸治療によって逆子と判明してから中々改善できなかった逆子が多く改善され、帝王切開をしなくてよかった安心感と喜びの笑顔をみてきた広島の逆子治療の鍼灸院に一度ご相談ください。

 逆子治療に関する鍼灸技術はもちろん、妊娠中の様々な疑問・不安・悩みのご相談を解決してきた経験から健やかなマタニティ生活を送って頂けるようサポートいたします。

妊娠後期になり赤ちゃんが大きくなれば大きくなるほど逆子の改善は難しくなってきます。そのため1日でも早く不安が期待に変わる逆子の鍼灸治療を受け安心して出産できる状態を目指しましょう。


逆子になりやすい体質の方

1.冷たい物を飲んだり・食べたりすることが好き

逆子の原因2.身体がしんどくダルさや疲労感を感じる事がある

3.足のむくみが強くなっている

4.クーラーの環境が苦手である貧血気味である

5.湯船につからず、シャワーで済ませることが多い

6.病気にかかりやすい

7.貧血気味である

8.妊娠前から、手や足が冷える

9.1日の中で座ったままの姿勢が多い

10.睡眠が浅くぐっすり眠ること事ができない。

以上の項目に当てはまるのはいくつありあましたか?

たくさん当てはまる方は逆子になる可能性がとても高い方です。日常生活をこのような状態で過ごしている方は1つひとつ対策するよう心がけてみてはいかがでしょうか?


逆子にならないために…

広島で逆子にならないために逆子にならないために気を付けることが3つあります。

『身体全体を温める』 『冷たい物を食べない』 『運動不足にならない』 

この3つは非常に大切になります。これを日常生活で気を付けることによって逆子の危険性を少しでも下げることができると考えています。妊娠すると身体が温かくなるでは?と思っているかもしれませんが逆子の方は冷えている場合がありますので適度に身体を温めるようにしましょう。

また妊娠すると冷たい物を食べたくなります。ですが、この冷たい物を体内に取り入れるということは体の芯から冷えるということになります。そのため逆子になってしまうのです。冷たい物はできるだけ控えるようにしましょう。

妊婦の方はお腹に胎児を抱えているため運動することは大変なことかもしれません。だからといって運動不足になるのは好ましくありません。体に負担のかかる無理な運動をする必要はありません。しかし適度な運動は母子にとって必要になりますので運動不足にならないようにしましょう。

ただし、お腹が張りやすい方は注意が必要です。運動については産婦人科の先生とよく相談して安全に行ってください。


逆子鍼灸治療の目的

逆子の鍼灸治療の目的は「冷えの体質改善」「血液循環の促進」「再び逆子にならないようにする」ことです。逆子になった原因から鍼灸治療を行い逆子を解消します。

1.冷えの改善
逆子の最大の原因は『冷え』です。これはお母さんが冷えているため胎児が自分を守ろうとします。そのため、お母さんが冷えたままだとどんな事をしても逆子が自然と正常な位置も戻ることはありません。

このようなことから冷えの体質を改善して胎児が正常な位置に安心して戻れる環境作りをすることが重要になります。さらに身体が温まることで胎児の動き強くなります。これは逆子治療を受けた多くの方が体感されています。

2・血液循環の促進
 逆子の方は血液循環が低下します。これがむくみが発生させます。このむくみが下半身に起こると危険です。血液循環が低下し血液が長い時間、下半身に溜まったままだと次第に冷えてきます。

この冷えてしまった血液は足先から心臓にもどる際、お腹を通るため子宮内部が冷えてしまいます。これによって逆子が改善しにくくなります。

また血液はエネルギーを運ぶため血液循環が悪くなると胎児の動きが弱まることが考えられます。

このような理由から血液循環を促進することでむくみと胎児の動きを改善することが必要になってきます。

3.再び逆子にならないために
 逆子鍼灸治療で逆子が改善し、赤ちゃんは正常な位置に戻ります。しかし、いったん改善したとしても再び逆子に戻る可能性があります。この可能性がある期間は逆子改善後約1週間です。

再び逆子にならないように逆子改善後約1週間は鍼灸治療が必要になります。この期間は継続して逆子鍼灸治療を行い胎児の位置を安定させていきます。

以上の3点を目的に逆子治療を行っています。


当院の逆子鍼灸治療の特徴

現在、逆子治療に対して外回転術・逆子体操・鍼灸治療が主に使われています。逆子治療にはどれが最も効果があるのだろう?と思うかもしれません。そこでそれぞれの特徴を記載します。

外回転術:お腹を外から刺激するために皮膚表面から力を加えて直接胎児を回転させる方法です。
     良い点:胎児が回転する可能性が高い。
     悪い点:直接お腹を刺激するので破水の危険性が高く緊急手術により出産する場合があります。

逆子体操:体操によってお腹を刺激し逆子を回転させようとする方法です。
     良い点:自分のペースで行うことができる方法である事。
     悪い点:つらい姿勢で行うので腰痛がある方にはストレスがある体操で効果が不透明な事

鍼灸治療:古来から東洋医学的な考え方をもとに使われていた効果的な鍼灸治療になります。
     良い点:伝統的な方法で身体に副作用が少なく実績効果のある治療法です。
     悪い点:お灸の使用によりお灸の跡が身体に残ってしまう場合があります。

当院の逆子治療は鍼治療と灸治療を行います。現在の身体の状態を東洋医学的に判断し逆子治療を行います。

逆子鍼灸治療の鍼鍼治療
 当院の鍼治療の際に使用する鍼は全て日本製で滅菌済みの使い捨て鍼を毎回使用しています。その為、感染症などの危険は一切ありません。

また髪の毛ぐらい細い鍼を使用しておりこれは0.12o〜0.20oの細さです。このような鍼を使用しているので痛みを感じることはほとんどありません。

逆子鍼灸治療のお灸お灸治療
お灸治療では、右の写真のように台座のついた灸や台座のない灸を使用します。お灸をすることで体をポカポカ温めることができます。現在の体に最適な方法でお灸の使用を決定いたしますのでご安心ください。


当院の逆子鍼灸治療の流れ

逆子鍼灸治療は初めて受ける方が多いのではないでしょうか?
そのため色々不安や疑問があるかしれません

例えば
『逆子鍼灸治療って一体どんな事をするんだろ?』
『どこで逆子鍼灸治療は受けたらいいのだろう』
『施術はどんな手順でするんだろう?』って疑問や不安がありますよね。

初めて逆子鍼灸治療をお受けになる前に、安心して逆子治療が受けられるように逆子鍼灸治療の基本的な流れをご説明します。

1.カウンセリング表に現在のお身体の状況を記入
  ※逆子治療では逆子になった原因を把握することが必要です。そのため現在のお身体の状態についてできるだけ詳しくご記入ください。

2.オリジナルカウンセリング
  現在の身体の状態を詳しく聞いていきます。そして逆子になった原因を探していきます。

3.逆子の検査
  逆子になった検査を行います。これは東洋医学的な逆子の原因を確定するために腹診、脈診、舌診を行い使用するツボを決めます。

4.逆子治療前の説明
 カウンセリングと検査を総合的に分析した結果、何が逆子の原因なのかを説明致します。そしてこれから行う治療内容や1人ひとりの症状に合わせた逆子鍼灸治療の計画を説明致します。この際は専門用語を使わず丁寧に分かりやすく説明いたしますのでご安心下さい。

逆子鍼灸治療の施術方法などわからない事があれば何でも相談・質問してください。

5.鍼灸治療
 逆子鍼灸治療では、カウンセリングから決めたツボに鍼・灸を使って逆子治療を行います。

6.逆子治療後の説明
逆子鍼灸治療後に日常生活の過ごし方、気を付ける事、今後の治療間隔など逆子を改善していくための計画についてご説明いたします。

これまでの流れでわからないことがあればお気軽にご質問ください。

【逆子鍼灸治療 体験談】
逆子鍼灸治療体験談   説明がわかりやすく、続けて治療しようと思った。


当院で逆子鍼灸治療を受けるメリット

1.体の状態がわかります。
 「逆子の原因がなんなのか」がわかり現在の体の状態がどのようになっていのるかわかりやすく説明します。

2.最新の逆子治療
 経験豊富な逆子鍼灸治療と共に常に臨床検証し効果的な方法を考えおります。さらに外部のセミナーで新しく知識と技術を習得していますので、最新のより良い効果的な逆子治療を受けられます。

3.アフターフォローが充実 
逆子が改善した後、約1週間前後は再び逆子になってしまう可能性が高いといわれています。当院では、再び逆子にならないよう逆子改善後も安心して治療を受ける事ができます。

4.国家資格所持者による逆子鍼灸治療
  国家資格所持者による逆子治療です。他院では残念ながら無免許施術を行わせている治療院が多い中、当院では全て国家資格所持者による治療を行っています。その為、逆子治療を安心して受けることができます。

5.高度な治療技術を提供します。
多い月では月に30時間を超える解剖学・生理学・運動学・東洋医学・スポーツ医学・レディース鍼灸などの院内・院外研修を行っています。


逆子鍼灸治療の料金

逆子鍼灸治療
初回逆子治療 5940円
2回目以降  3780円

逆子治療で主に使うツボは、「陰綾泉」「至陰」「陰白」「三陰交」「足三里」「内関」「太衝」です。

その他にも、状況によってほかのツボを使うこともあります。これらのツボは逆子の原因によって東洋医学的タイプでわけるため使用するツボが異なります。

使用方法や使用時期によっては赤ちゃんに対して悪影響を及ぼす可能性があります。当院で行っている鍼灸治療によって、母体や胎児に悪影響が出た事はありませんのでご安心ください。

※胎児が2500gより大きくなると子宮の中で回転するのが困難になります。一日でも早く治療を開始しましょう。


ご自宅でお灸をする方へ

ご自身でお灸をする際には十分お気をつけ下さい。お灸をする際に誤って行うと逆効果の場合があります。ご自宅でお灸を始める前に、妊婦さんを多く手がけている鍼灸師に一度相談する事をお勧めします。


逆子鍼灸治療Q&A

.逆子はどれぐらいでよくなりますか?
.よく頂く質問ですが、これは人によって様々です。当院の逆子鍼灸治療の経験から1〜3回くらいで改善される方もいます。平均すると治療回数は、10回以内で治ることが多いです。今まで改善された方で最も治療回数が多かったのは15回です。

これ以上の逆子治療で改善しなかった場合は、他に何らかの原因があるように思われます。それでも根気よく治療していけば治る場合もあります。

※胎児が2500gより大きくなると子宮の中で回転するのが困難になります。

.鍼治療は痛いですか?
.鍼灸治療で使用する鍼は、日本製の滅菌済みされた使い捨て鍼を毎回使用しています。鍼の太さは髪の毛ぐらい(0.2o)と同じ太さを使用しますので、注射のような痛みはありません。

皮膚が張っている場合にはチクっとした痛みを感じる場合があります。また硬くなった筋肉に鍼がとどくとズーンとした”ひびき”といわれる痛みが出る場合があります。しかし、どの痛みの感じ方もとても軽度なものなのでご安心ください。

.逆子鍼灸治療はいつから行けばいいの?
.28週以降で逆子のままの場合、すぐにご来院ください。逆子治療開始が早ければ早いほど改善率は高くなります。

.逆子鍼灸治療に通う治療間隔は?
.赤ちゃんの大きさによって治療の間隔は異なります。大体の目安として1週間に2〜3回くらい、赤ちゃんの大きさが大きければこれより多くなります。治療間隔については逆子の鍼灸治療の際に詳しくご提案します

.逆子が治っても続けて鍼灸治療をした方がいいのでしょうか?
A.逆子が改善した後、約1週間前後は再び逆子になってしまう可能性が高いといわれています。なので逆子に戻らないよう約1週間前後は続けて治療することお勧め致します。

.逆子鍼灸治療の治療時間はどれぐらいかかりますか?
.治療時間は30分前後です。

.病院との同時通院は可能ですか?
.同時通院可能です。

.逆子の鍼灸治療に副作用はないのですか?
.逆子鍼灸治療に副作用はないと考えています。実際にこれまで副作用が出た事はありません。


スタッフ写真

shop info.店舗情報

ハルモニア鍼灸整骨院

〒730-0012
広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F

TEL.082-555-9399

→アクセス