ハルモニア鍼灸整骨院の骨盤矯正本文へスキップ

癌 治療法 広島 広島市中区

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.082-555-9399

〒730-0012 広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F

癌(ガン)治療法treatment of cancer

癌(ガン)の治療法について

『癌(ガン)の治療法などに東洋医学的解釈があるの知っていますか?』

癌(ガン)の治療法について広島で東洋医学的視点から癌(ガン)治療法についてご紹介しています。癌の治療法には西洋医学と東洋医学など様々な方法がありますが、広島のある東洋医学の専門家が癌の治療法について東洋医学的な視点からお伝えします。また当院独自の病気をやめる整体カウンセリング療法についてもご紹介します。

癌の治療法はさまざまありますが、西洋医学で行う癌の治療法には「部分的」と「全身的」で大きく分かれます。そして、その癌の治療法は基本的に3種類あり、その癌の治療法は手術療法、化学療法(薬物療法)、放射線療法があります。これらを三大療法といいますが、その他に最新の癌の治療法では免疫療法、レーザー療法、ホルモン療法、代替療法などがあります。

部分的に行う方法は手術療法、放射線療法、レーザー療法などがあります。そして、全身的に行う方法は化学療法(薬物療法)、免疫療法などがあります。では、三大療法にはどんな特徴があるでしょうか?

手術療法
癌が最初に発生した部位を切除し癌を切り取ります。また、周辺組織や他の臓器、リンパ節に癌の転移があればこれらも切り取る方法として使用されます。

良い点
癌の塊を一気に取り除くことができる。検査で発見できない、微小な癌の転移がない場合、根治根治する可能性が高くなります。

良くない点
メスを入れるので、身体への負担が大きく、傷ができたり、傷の回復に時間がかかる、痛みを伴うことがあります。さらに身体に傷や臓器を切り取ることにより身体の機能が失われることもあります。また小さな転移や手術不可能な場所に癌があった場合や手術を行う事ができない。

化学療法(薬物療法)
癌の化学療法は、主に抗がん剤の薬を使用する癌の治療法です。これは癌細胞の分裂・増殖を抑え、破壊・死滅させる治療法です。点滴や注射、飲み薬などの方法で薬を使用し、その成分が全身に巡り、癌の部位や小さな転移があった場合にも効果がみられます。

良い点
身体を傷つけることがなく、微小な癌や手術不可能な癌に対しても使用ができる。

良くない点
全身に薬の作用が届くため、正常な細胞を損傷させたり、血液を造る肝臓・腎臓などの臓器への障害もみられます。さらに副作用が強くでて、吐き気や脱毛、倦怠感などの身体の負担が大きくでます。

放射線治療
癌がある場所にX線やγ線など放射線を当て、癌細胞の分裂・増殖を抑えたり、死滅がん細胞を死滅させる治療法です。この時、正常な細胞も放射線の影響を受けるので、できるだけその影響を少なくするため癌の大きさや位置を正確に判断し癌細胞にだけ使用できるようになった。また放射線治療の使用方法として身体の外側、あるいは内側から当てることもできるようになりました。

良い点
身体を傷つけず、癌のある部分に負担を少なく集中して使用できる。

良くない点
・放射線を集中的に当てることで皮膚の赤み、ヒリヒリしたりしまします。そして、副作用でめまい、吐き気、食欲不振、倦怠感等の症状が現れる。

このように西洋医学の癌治療法の三大療法には特徴があります。それぞれの特徴の良い所を活用して癌の治療法を選択してみてはいかがでしょうか?そして、東洋医学では癌だと発生する部位、ステージの状態など人それぞれであるため、それらを総合して癌を捉え、体質バランスの崩れからみています。東洋医学的に癌の治療法にはどんなものがあるのでしょうか?

癌(ガン)の東洋医学的解釈

東洋医学での治療法の考え方には癌の症状から身体全体、人を丸ごと捉えてバランスの乱れを整えるために治療法を考えます。昔から発展して東洋医学にはどんな治療法があるのでしょうか。癌の一般的な東洋医学的治療法は、肝氣鬱滞証、痰濁凝結証、氣滞血瘀証、瘀毒内結証、正虚邪盛証などがあります。では、それぞれどんな治療法があるかご紹介していきます。(黄帝内経、中医内科学、中医腫瘍学・鄒大同など一部を参照)

肝氣鬱滞証(かんきうったい)
胸や脇の張った痛み、乳房の張った痛み、ため息、感情が不安定、みぞおち・腹部の痛み、喉のつまりなどの症状がみられます。これはストレス・イライラ・憂鬱など過度に氣分が高まり肝の氣を巡らす働きが滞ってしまうためにおこり、それが体内で氣の塊(癌)を創ります。 治法:疏肝理気

痰濁凝結証(たんだくたぎょうけつ)
食欲低下、吐き気、嘔吐、お腹の張り、下痢などの症状がみられます。暴飲暴食、飲食の不摂生などにより、胃腸の働きが低下し消化・吸収が十分できなくなり水分代謝が悪くなって水の巡りが特定の部分で滞り、痰の塊(癌)を創ります。 治法:導滞通便・理気化痰

氣滞血瘀証(きたいけつお)
胸や脇の刺す痛みや激痛、部分的に固定された痛み、肩や腰のこわばり、イライラ怒りやすいなどの症状がでます。氣の滞りに加え、血の循環不良が起こることで、塊(癌)を創ります。 治法:行気活血

瘀毒内結(おどくないけつ)
痩せている、口渇、寝汗、ほてり、頭痛、持続した発熱などの症状がみられます。瘀血の状態が続き、それが体内で凝結し毒となり塊(癌)が悪化した状態で塊は大きく硬くなります。  治法:化瘀解毒、清熱解毒

正虚瘀結(せいきょおけつ)
痩せ細り、無氣力、体力・免疫力低下、激しい痛みなどの症状がみられます。正虚とは正氣という人の生命力が弱くなることです。これにより抵抗力がなくなり病気の勢いが強くなり、塊(癌)の転移や浸潤、他の臓器の損傷・炎症などがひどくなっている状態です。  治法:大補気血・活血化瘀 

東洋医学ではこれらの癌の治療法はすぐに解消されるというよりも、根氣よく治療を続けて行い体質バランスを整えていくように、術者とクライアントが意識しておくことが大切であるとされています。

このように癌の東洋医学的治療法が昔から研究され成果がでていることが現在でも書籍でも残されています。さまざまな癌の治療法があるなかであなたに合う治療法を選択してみてはいかがでしょうか?


癌(ガン)について

癌(ガン)の原因について

癌(ガン)の症状について

癌(ガン)のステージについて

癌(ガン)の治療法について


癌(ガン)についてのご相談は

癌(ガン)、乳がん、子宮体がん、子宮頚がん、卵巣がん、肺がん、甲状腺がん、胃がん、肝臓がん、食道がん、膵臓がん、大腸がん、胆嚢がん、胆道がん、腎臓がん、副腎がん、膀胱がん、前立腺がん、精巣がん、皮膚がん、喉頭がん、咽頭がん、舌がん、口腔がん、頭頸部がん、悪性リンパ腫、骨肉腫、多発性骨髄腫、白血病、脳腫瘍などで、在りたい自分や本当に自分がやりたいことができない満たされない想いや葛藤で苦しみ悩んでいる方

癌(ガン)について、個人セッションのご予約・お悩み・ご相談など、こちらからお問い合わせください。

広島のカウンセリング 申込み


スタッフ写真

shop info.店舗情報

ハルモニア鍼灸整骨院

〒730-0012
広島県広島市中区上八丁堀7-8-2F

TEL.082-555-9399

→アクセス